ホーム >  WordPress >  WordPressサイトをhttpsにSSL化する(エックスサーバー)


Posted:2017/04/04 9:00:23 AM|Category : WordPress

WordPressサイトをhttpsにSSL化する(エックスサーバー)

エックスサーバーで運用しているWordPressサイトのURLのスキームをhttpsにします。

WordPressのサイトをSSL化

SSL化とは、サイトのURLの前頭部に記述されているHTTPプロトコルを「HTTPS」にすることです。

知って得する!SSL サーバー証明書の基礎

エックスサーバーでは、独自SSLを無料で利用できるようになりました。

なぜSSLが必要か?

Googleは、SSL化されたWebサイトをSEOの評価として優遇する(プロトコルがHTTPSであることが、SEO上のプラスになる)、との見解を示しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

とはいえ、そこまで大げさな影響はありません。実際に公式にも検索の全体のうち1%未満にしか影響しません、と言っています。

ところが、今後どの程度SEOに影響するかはわかりません。今すぐに導入せずとも、いずれどこかのタイミングで検討することをオススメします。HTTPSであるかどうかはコンテンツの内容そのものではなく、通信環境の問題です。しかし、大部分のユーザーが求めている環境です。

今回の作業の流れ

以下のような流れでSSL化します。

データベースのバックアップ

データベースのバックアップ

①データベースのバックアップします。WordpressプラグインのBackWPupを利用するため、インストールして有効化します。

BackWPup

②Wordpress管理メニューの「バックアップ → Dashboard(ダッシュボード)」メニューを選択します。

③ダッシュボード画面が表示されたら、「1クリックバックアップ」項目の「データベースのバックアップをダウンロード」をクリックしてSQLファイルを取得してください。

※「BackWPup 復元」は省略します。

エックスサーバーでSSL設定

①エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネル

②「SSL設定」をクリックします。

③「ドメイン選択」画面が表示されるので、SSL化するドメイン列の「選択する」リンクをクリックしてください。

④「SSL設定」画面が表示されるので「独自SSL設定の追加」タブを選択してください。「独自SSL設定の追加」タブでは、「サイト」を確認後、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

※「CSR情報(SSL証明証申請情報)」を入力する」というチェック項目がありますが、これは通常は無効のままでOKです。

※「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」と出るのでしばらく待ちます。

⑤「SSL設定の一覧」タブを開くと、以下のように「SSL用アドレス」が表示されているのが見て取れます。

⑥数十分後、httpsで自分のサイトを表示したら、以下のようにページが表示されました。

WordPressの設定からURLを変更

①Wordpressの管理画面から「設定」 →「一般」設定を開きます。

②「一般設定」にある以下の項目を変更します。それぞれのURLの「http」部分を「https」に変更します。

例)

WordPressアドレス(URL):http://hombre-nuevo.com/

サイトアドレス(URL):http//hombre-nuevo.com/

WordPressアドレス(URL):https://hombre-nuevo.com/

サイトアドレス(URL):https://hombre-nuevo.com/

③最後に「変更を保存」ボタンを押して変更内容を適用してください。

内部リンクをSearch Regexで全て置換

WordPress本文内の内部リンクや、imgの内部画像リンクを全てhttpsに変更します。投稿や固定ページを1つ1つ開いて手作業で編集しると時間がかかってしまうため、「Search Regex」というWordpressプラグインで一括変換します。

①WordpressプラグインのSearch Regexを利用するため、インストールして有効化します。

Search Regex

②Wordpress管理メニューの管理画面の「ツール」→「Search Regex」メニューを選択します。

③「Search Regex」画面で以下のように設定します。

Source:Post content デフォルト(そのまま)
Limit to:No limit デフォルト(そのまま)
Order By:Ascending デフォルト(そのまま)
Search pattern: http://hombre-nuevo.com/
Replace pattern:https: https://hombre-nuevo.com/
Regex: 選択不要

④置換リスト一覧を確認します。「Replace」ボタンを押します。

Search Regexが置換する部分は、以下のように赤色で表示されます。

※この時点で、まだデータベースの内容は下記変わらりません。

置換するURLは間違っていないか?丹念にチェックして下さい。

⑤URLを一括置換後保存します。「Replace & Save」ボタンをクリックしてください。

※このボタンを押す前に置換設定に問題がないか確認してください。

⑥全ての置換が終了したら、以下のようにメッセージが表示されます。

.htaccessをにリダイレクト用のコードを追記

FTPでサーバーにログインして.htaccessファイルを編集します。これを編集することで、これまで「http://hombre-nuevo.com/」に来ていたアクセスを「https://hombre-nuevo.com/」にリダイレクト(転送)してくれます。リダイレクトさせておくことによって、httpで得た検索エンジンの評価も、httpsアドレスに引き継がせることもできます。

※エックスサーバーを例にして紹介します。

①FTPでサーバーにログインして「public_html」ディレクトリを開いてください。「public_html」ディレクトリの位置は以下です。

/home/サーバID/ドメイン/public_html

  • home/
  • サーバID/
  • ドメイン/
  • public_html/
  • .htaccess

②「public_html」ディレクトリにある.htaccessファイルをダウンロードします。念の為、ダウンロードした.htaccessファイルをコピーして複製します。

③ダウンロードした.htaccessファイルをエディターで開き、先頭部分に以下のコードをコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

RewriteEngine

Rewrite機能(ブラウザのアドレスバーに表示されるURLとは異なるURLの内容をサーバーから返す機能)自体のオン・オフを制御します。

RewriteCond

サーバ変数を参照して、それが指定した正規表現のパターンと一致していれば、次の条件を引き続き実行する、という指示子です。

%{HTTPS}

環境変数等を用いるには %{変数名}と記述します。

[NC]

定パターンで大文字・小文字の区別をしません。

RewriteRule

URLを書き換えるための指示子です。正規表現はPerlとほぼ同じです。第3引数にオプションを指定し、その後の処理を指定します。オプションのデフォルト値は空ですので、オプションが設定されていない場合は何も処理せずに次の条件に移ります。複数のオプションを追加する場合には、カンマで区切ります。

^(.*)$

^は文字列の先頭を指します。

$は文字列の最後を指します。

例)「^abc$」は「abc」でないとマッチしませんが、「^abc」であれば「abcde」もマッチすることになります。

/は通常の「/」という文字列です。

.は任意の1文字、*は直前の文字の0回以上繰り返しを指します。

.*となっていますので、どんな文字が何回繰り返しても当てはまります。

例)「/.*」は、「/abc」も「/」も「/123」も当てはまることになります。

()はその中に当てはまる文字列を一つにまとめます。

この()で括られた中に当てはまった文字列は、書き換え後のURLで「$1」として使用できます。()が複数ある場合は、1つ目の()に当てはまった文字を$1、2つ目の()に当てはまった文字を$2として使用します。

{HTTP_HOST}

HTTPリクエスト先のサーバ名(DNS名)。

{REQUEST_URI}

ページにアクセスするために指定された URI。

[R=301,L]

オプションを意味します。Rはリダイレクトを意味するもので、=でステータスコードを指定できます。R=301と指定すれば、”URLが変わる”と”ステータスコード301を返す”という2つの意味を持つことになります。LはLastという意味です。

④編集した.htaccessファイルを保存して、サーバー上の「public_html」ディレクトリ上書きアップロードします。

Google Analyticsの設定

Google Analyticsでは、「デフォルトのURL」を変更する必要があります。

①「アナリティクス設定」から「プロパティ設定」を選択します。

②「デフォルトのURL」の「http://」部分のドロップダウン後クリックして、「https://」をクリックしてください。


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告