ホーム >  WordPress >  パンくずリストを固定ページ投稿ページに追加


Posted:2016/04/29 9:00:00 AM|Category : WordPress

パンくずリストを固定ページ投稿ページに追加

パンくずリストとは、WordPressなどのWebサイトのページの階層を分かりやすく示すリストです。当サイトでも、カテゴリーがパンくずリストとして表示されます。

wp0015

SEOを徹底するならパンくずリスト

SEOパワーをあげたいならば、パンくずリストの実装はお勧めです。SEOでは検索エンジンクローラーができる限りページを巡回します。その巡回頻度を増やすためにパンくずリストが有効です。

投稿ページと固定ページの違い

投稿の場合は、カテゴリーをリスト表示させます。

固定ページの場合は、親ページと子ページという関係性がある場合にパンくずリストを使って階層表示させます。

コード

投稿ページのパンくずリスト

wp0016

<a href="<?php bloginfo('url'); ?>">ホーム</a>&nbsp;>&nbsp;
<?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, '&nbsp;>&nbsp;'); ?>
<?php the_title(''); ?>
解説

ブログのトップページのURLのリンクを表示します。

<a href="<?php bloginfo('url'); ?>">ホーム</a>&nbsp;>&nbsp;

「get_the_category()」現在のカテゴリー情報を取得します。そして、「get_category_parents」で親カテゴリーのリストを取得します。

<?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, '&nbsp;>&nbsp;'); ?>

現在のタイトルを取得します。

<?php the_title(''); ?>

固定ページのパンくずリスト

wp0015

<a href="<?php echo get_option('home'); ?>">ホーム</a>&nbsp;>&nbsp;
<?php foreach ( array_reverse(get_post_ancestors($post->ID)) as $parid ) { ?>
<a href="<?php echo get_page_link( $parid );?>" title="<?php echo get_page($parid)->post_title; ?>">
<?php echo get_page($parid)->post_title; ?></a>&nbsp;>&nbsp;
<?php } ?>
<?php the_title(''); ?>
解説

「foreach」は配列の要素がある分だけ繰り返し処理します。繰り返しの現在の要素の値が「$parid」に代入されます。

「array_reverse」は要素を逆順にした配列を返します。

「get_post_ancestors($post->ID)」は、先祖の投稿を遡りすべての投稿IDが格納された配列を返します。

foreach ( array_reverse(get_post_ancestors($post->ID)) as $parid )

「get_page_link( $parid )」は固定ページのパーマリンクURLを取得します。

<a href="<?php echo get_page_link( $parid );?>" title="<?php echo get_page($parid)->post_title; ?>">

「get_page($parid)」で任意のページ情報を取得します。これがリンクの表示タイトルになります。

<?php echo get_page($parid)->post_title; ?></a>&nbsp;>&nbsp;

トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告