ホーム >  Webサーバー >  ローカル環境にApacheをインストール(for Windows)


Posted:2016/05/20 9:00:37 AM|Category : Webサーバー

ローカル環境にApacheをインストール(for Windows)

Windows 7にApache2.2系をインストールします。

apache-logo-001

環境

OS windows 7 Ultimate (32bit)
Webサーバー Apache: httpd-2.2.21-win32-x86-no_ssl

Apacheとは?

Apacheとは、世界的に使われるWebサイトのためのソフトウェアです。インターネットにはありとあらゆるWebサイトが存在しています。それら全てが、Webサーバソフトウェアによって提供されています。

Apacheの使い道

Apacheをローカル環境にインストールすれば、PHPWordPressを使うことができます。レンタルサーバー上でWordpressを設置して自分で運用するには、テスト環境が必要になります。また、PythonのWSGIを利用するときも利用するので、ぜひローカル環境にもインストールしましょう。

※Wordpressの場合は、Xamppをインストールすれば一括でApacheとPHP環境ができます。

Apacheのダウンロード

①Apacheのインストーラー(拡張子がmsi)をダウンロードします。以下のサイトを参考にしました。「ダウンロードファイル抜粋一覧」という項目にあります。

Apacheの過去バージョンがダウンロードできるアーカイブ先(メモ)

②ダウンロードしたファイルをCドライブの直下などに配置します。

インストール

①ダウンロードしたファイルをクリックしてインストーラーを起動します。「NEXT」をクリックします。

apache0001

②「I acceept the terms in the license agreement」(使用承諾書に同意する)にチェックを入れ、「NEXT」をクリックします。

apache0002

③「NEXT」をクリックします。

apache0003

④「ドメイン名」、「サーバ名」、「メールアドレス」など、サーバ情報を入力します。「Run as service for All Users」(全ユーザーの為のサービスとして動作)にチェックを入れます。「NEXT」をクリックします。

apache0004

※ここで入力したサーバー情報は、httpd.conf(Apacheの設定ファイル)に保存されます。 インストール後編集可能です。

Network Domein localhost または 127.0.0.1
Server Name localhost または 127.0.0.1
Administrator’s Email Address ご自身のメールアドレス

⑤「Typical」(通常)にチェックを入れ、「NEXT」をクリックします。

apache0005

⑥インストール先を指定します。「Change」をクリックし、解凍先を「C:\Apache Software Foundation\Apache2.2」から変更する場合はパスを変更し、「OK」ボタンをクリックします。

apache0008

apache0010

※Apacheを利用すると、ファイルを変更するたびに権限の問題が非常にわずらわしいです。よって、Cドライブ直下にインストールすると便利です。

※デフォルトのインストール先は「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\」です。

⑦「NEXT」をクリックします。

apache0011

⑧「NEXT」をクリックします。

apache0012

⑨インストールを開始します。

apache0013

インストールされれば、フォルダにApacheファイルが展開されます。

apache0014


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告