ホーム >  VPS >  ConoHaのDBサーバを利用する


Posted:2018/01/23 9:00:18 AM|Category : VPS

ConoHaのDBサーバを利用する

ConoHaVPSDBサーバを利用します。フロントサーバとバックエンドサーバを別々にするための準備をします。

DBサーバ

APサーバ(VPS)からDBサーバをインターネットから切り離して利用します。

WEBアプリケーションを作りますが、私はフロントサーバ(Webサーバ)1台とバックエンドサーバ(DBサーバ)1台という構成をとりたいと考えております。現在広く使われている構成で、ローカルネットワークを介して公開Webサーバと非公開のデータベースサーバを接続します。また、サーバを別々にすれば、二階層、三階層構成によるWebシステムの構築を実現できます。

サーバ性能を向上させる2つの概念

サーバの性能を向上させるときに、スケールアウトとスケールアップと言う考え方があります。

スケールアップ サーバの性能(CPU、メモリなど)を強化することで、より高い負荷に対応できるようにする手法
スケールアウト サーバの数を増やすことで、より高い負荷に対応できるようにする手法

※一般的にWebサーバはスケールアウトで対応することが多いです。ただし、DBサーバはスケールアウトしづらいためスケールアップで対応するケースが殆どです。DBサーバ(特にRDBMSの場合)は、排他制御やトランザクション処理を保証する必要があるため、スケールアウトのようなサーバを分散するアプローチが取りにくいためです。

準備

以下の準備を行います。

①ConoHaをレンタルします。

ConoHaVPSをレンタルしてみる

②ConoHaにroot以外のユーザを作ります。

ConoHaのroot以外のユーザを作る

③ConoHaにSSH接続するための設定を行います。

ConoHaのSSH接続

④ConoHaへのrootログインを禁止します。

rootからのログインを禁止

⑤ConoHaのportを22から変更します。

SSH接続するportを22から変更

ConoHaVPSの環境

アプリケーションサーバ OS CentOS7.4

クライアントPC

操作開発用のクライアントPCを用意します。windowsでもmacでも可能ですが、今回はubuntuを利用します。

OS Ubuntu 16.04.1 LTS 64bit

データベースサーバーを使う

①ConoHaの管理画面へログインします。

②「+サーバー追加」を選択します。

③「+追加」をクリックします。

④以下のようにプランとオプションを選択し、一番下の追加をクリックします。

タイプ アプリケーションサーバー
リージョン 東京
サービス DB
自動バックアップ 無効
ディスク容量 10GB
ネームタグ 任意

⑤DBサーバが作成されました。作成したDBサーバのネームタグをクリックします。

データベース作成

①データベースを作成します。データベースリストの右側にある「追加」をクリックします。

②データベース名とネームタグを入力して「保存」をクリックします。

データベースが作成されました。名前をクリックすると詳細情報が表示されます。

DBサーバー接続用ネットワークを使う

データベース接続用ネットワークを設定します。VPSとDBサーバーを専用のプライベートネットワークで接続します。DBサーバーはグローバルネットワーク側からアクセスすることもできます。しかし、この機能を使用すれば高速なプライベートネットワークを使ってデータベースを使用できます。

この機能を使用する前に、VPSとDBサーバーをあらかじめ「サーバー追加」で作成しておく必要があります。また、VPSの電源はOFFにしておいてください。

①メニューから「ネットワーク」→「プライベートネットワーク」を選択します。

② DBサーバー接続用ネットワークを作成するリージョン(ここでは東京)を選択します。

③リージョンを選択すると接続可能なVPSの一覧が表示されます。右にあるアイコンをクリックして設定を開始します。

④接続するVPSに対しプルダウンメニューから「接続する」を選択して、「保存」をクリックします。

接続状況が「接続する」に変わりました。以下のようにIPアドレスが表示されます。このIPアドレスをVPSのネットワークインターフェイスに設定します。

これでVPSサーバーに対してネットワークインターフェイスが追加されます。この後ネットワークインターフェイスに対してIPアドレスの割り当てなど設定を行う必要があり、この設定はOS毎に異なります。

データベースユーザーを追加する

データベースに接続するためのユーザーを作成します。

①ユーザーリストの右側にある「追加」をクリックします。

②ユーザー名、パスワード、接続許可ホスト(VPSのプライベートネットワークアドレス)を入力します。

接続許可ホストはグローバル側IPアドレスとプライベートネットワークのアドレス、両方指定することができます。

「phpMyAdminのみ」を選択すると、phpMyAdmin専用のユーザを作成することができます。項目を入力したら「保存」をクリックします。

ユーザがアクセスできるデータベースを設定

デフォルトでユーザーはどのデータベースにアクセスできません。接続先のデータベースを個別に設定します。

①ユーザの詳細画面から、以下のアイコンをクリックします。

②「+」のアイコンをクリックするとデータベースを選択できます。接続先データベースを選択して「保存」をクリックすれば設定が完了します。

phpMyAdminを使う

phpMyAdmin用のデータベースユーザを作成します。すると、Webブラウザから手軽に管理できるphpMyAdminを使うことができます。しかし、phpMyAdmin用のユーザは、MySQLクライアントなどの接続ユーザーとして使用することはできません。

①ユーザーリストの右側にある「追加」をクリックします。

②ユーザー名、パスワードを入力し、接続許可ホストをphpMyAdminに変更します。項目を入力したら「保存」をクリックします。

③ユーザが作成されました。管理ツールのところのアイコンをクリックすると、phpMyAdminを使用することができます。必要に応じて接続先データベースの設定を行ってください。

次回

次回は、プライベートネットワークを設定してVPSからDBサーバの接続を行います。

ConoHaのプライベートネットワークを利用する(DBサーバを分散)


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター、フロントエンドエンジニア 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 20

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告