ホーム >  Python > Django >  Djangoの汎用ビュー入門(DeleteView)


Posted:2018/07/16 9:00:39 AM|Category : Django

Djangoの汎用ビュー入門(DeleteView)

Djangoは、汎用ビューを使って簡易的なコーディングでアプリケーションを作成することができます。今回はDeleteViewを使用します。

DeleteView

DeleteViewは汎用ビューの一つで、レコードを削除します。

汎用ビューについては、以下の説明を参考にして下さい。

Djangoの汎用ビュー入門(TemplateView)

具体例

前回の続きです。ListViewを利用し、Postモデルの一覧を以下のように表示します。「続きを読む」をクリックすると、個別詳細ページに進みます。「削除」をクリックすると、削除確認ページへ進みます。

Postモデルの個別詳細ページです。ここでDetailViewを使用します。

Postモデルの削除確認ページです。ここでdeleteViewを使用します。

前提

①以下のようなDjangoアプリ構成を作ります。プロジェクト名が「pj1」で、アプリケーション名が「users」です。プロジェクトの設定は済ませたものとします。赤字のファイルは、今回変更する部分です。

  • pj1/
  • pj1/
  • __init__.py
  • settings.py
  • urls.py
  • wsgi.py
  • users/
  • __init__.py
  • admin.py
  • apps.py
  • urls.py
  • views.py
  • models.py
  • templates/
  • index.html
  • post_list.html
  • post_detail.html
  • post_confirm_delete.html
  • manage.py

②表示するデータとして、models.pyに以下のモデルを定義します。

from django.contrib.auth.models import User
from django.db import models

class Category(models.Model):
    """カテゴリー"""
 
    name = models.CharField(max_length=255)
 
    def __str__(self):
        return self.name
 
 
class Post(models.Model):
    """ブログのポスト"""
 
    title = models.CharField(max_length=255)
    text = models.TextField()
    category = models.ManyToManyField(Category)
    created_at = models.DateTimeField(auto_now_add=True)
    updated_at = models.DateTimeField(auto_now=True)
 
    def __str__(self):
        return self.title

③Postモデル一覧を表示するhtmlテンプレートを用意します。

{% extends "base.html" %}
{% block content %}
<div class="container-fluid" style="margin-top: 60px;">
  <div class="row">
    <div class="col-md-6 offset-md-3" >
      <div class="card">
        <div class="card-header">記事一覧</div>
	  {% for post in post_list %}
          <div class="card-body p-3">
            <p class="card-text">
	      タイトル:{{ post.title }} 
	      日付:{{ post.created_at }}
	    </p>
            <a href="{% url 'users:detail' post.pk %}" class="card-link">続きを読む</a>
            <a class="btn btn-danger" href="{% url 'users:post_delete' post.pk %}">削除</a>
         </div><!-- end card-body -->
	 {% endfor %}
      </div><!-- end card -->
    </div><!-- end col-md-6 offset-md-3 -->
  </div><!-- end row -->
</div><!-- end container-fluid -->
{% endblock %}

④個別詳細ページを表示するテンプレートです。

{% extends "base.html" %}
{% block content %}
<div class="container-fluid" style="margin-top: 60px;">
  <div class="row">
    <div class="col-md-6 offset-md-3" >

	<div class="alert alert-success" role="alert">
	  <h4 class="alert-heading">{{ post.title }}</h4>
	  <p>{{ post.text | linebreaksbr}}</p>
	  <p class="text-muted">作成日:{{ post.created_at 	}}</p>
	  <p class="text-muted">更新日:{{ post.updated_at }}</p>
	  <p>{% for category in post.category.all %}{{ category }},{% endfor %}</p>
	  <a class="btn btn-primary" href="javascript:void(0);" onclick="window.history.back();">戻る</a>
	</div>

    </div><!-- end col-md-6 offset-md-3 -->
  </div><!-- end row -->
</div><!-- end container-fluid -->
{% endblock %}

⑤削除確認ページを表示するテンプレートです。

{% extends "base.html" %}
{% block content %}
<div class="container-fluid" style="margin-top: 60px;">
  <div class="row">
    <div class="col-md-6 offset-md-3" >
      <div class="container">
        <div class="row">
          <div class="col-12">
            <p>{{ post }} を削除していいですか?</p>
            <form method="post">
            <button class="btn btn-danger">削除する</button>
	    <a class="btn btn-primary" href="javascript:void(0);" onclick="window.history.back();">戻る</a>
            {% csrf_token %}
            </form>
          </div>
        </div>
      </div>
    </div><!-- end col-md-6 offset-md-3 -->
  </div><!-- end row -->
</div><!-- end container-fluid -->
{% endblock %}

DeleteViewの基礎

from django.views.generic.edit import DeleteView
from myapp.models import Post


class PostDeleteView(generic.DeleteView):
    model = Post

基本は、上記このように定義するだけで機能します。modelに、「Post」を定義します。

from django.views.generic.edit import DeleteView
from myapp.models import Post

class PostDeleteView(generic.DeleteView):

    model = Post
    template_name = "post_confirm_delete.html"
    form_class = PostForm

    success_url = reverse_lazy('users:post')

    def delete(self, request, *args, **kwargs):
        result = super().delete(request, *args, **kwargs)
        messages.success(
            self.request, '「{}」を削除しました'.format(self.object))
        return result

今回は、上記このように定義します。これはデフォルトですが。getでリクエストすると確認ページ、postでリクエストすると削除を実行します。

deleteメソッド

    def delete(self, request, *args, **kwargs):
        result = super().delete(request, *args, **kwargs)
        messages.success(
            self.request, '「{}」を削除しました'.format(self.object))
        return result

deleteメソッドをオーバーライドします。削除が完了したら、削除した記事のタイトルを表示します。


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター、フロントエンドエンジニア 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 20

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告