ホーム >  Python >  OpenCVで画像ファイル表示(for Python)


Posted:2015/10/18 9:00:44 AM|Category : Python

OpenCVで画像ファイル表示(for Python)

OpenCVで画像ファイルを扱うには、画像配列を利用します。

画像を読み込むには、「imread」を使ってnumpy.ndarrayに読み込みます。この関数は、JPEG、BMP、PNGなどの画像ファイル形式に対応しています。

画像ファイルを読むには?

img = imread('Image.jpg')

「imread」に画像名を指定しますが、画像を設置する場所を確認したいと思います。画像ファイルは、pythonのカレントディレクトリに配置します。カレントディレクトリを調べるには、python shellを立ち上げ、以下のコードを入力してください。

import os
print(os.getcwd())

以下のような表示結果が出ます。

ocv0023

※カレントディレクトリは、基本的に実行する「.py」ファイルがあるパスになります。

コード

# -*- coding: utf-8 -*

import cv2
windowName = u'画像の表示'.encode('cp932')
cv2.namedWindow(windowName)
img = cv2.imread('Image.jpg')

if img is None:
    print u'ファイルが読み込めません'
    import sys
    sys.exit()

cv2.imshow(windowName, img)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyWindow(windowName)

※文字コードが「s-jis」であると、「UnicodeEncodeError」になります。pyファイルは文字コード「UTF-8」で保存してください。

実行

①画像ファイル「Image.jpg」を配置します。「openimg.py」があるフォルダがカレントディレクトリとなるので、同じ場所にファイルを置いてください。

②python shellを開きます。

python0007

③「File」→「Open…」で、作成した「openimg.py」を開きます。すると、以下のようなウィンドウが開きます。

ocv0025

④「Run」→「Run Module F5」で実行します。すると、以下のようなウィンドウが表示されます。

ocv0024

⑤何かキーを押して終了します。


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告