ホーム >  AWS >  【Vagrant】Macに用意したAmazon Linux2 環境にPythonをインストール【オンプレミス】

投稿日:   |  最終更新日:

【Vagrant】Macに用意したAmazon Linux2 環境にPythonをインストール【オンプレミス】

AWSLinuxPython

VagrantのAmazon Linux2環境にPythonをインストールします。

Python実行環境を構築

前回、VagrantにAmazonLinux2の仮想環境を作成して、「Vagrant up」コマンド一つで仮想環境を起動できるようにしました。今回は、そのAmazonLinux2にPythonをインストールします。

Amazon Linux 2のAMIからEC2インスタンスを起動すると、デフォルトでPythonがインストールされています。2021年5月現在、Python 2.7系がインストールされています。3系を使いたい場合は、自分でインストールする必要があります。

作業の流れ

1.vagrantを起動して、Amazon Linux2にログインします。

2.スワップファイルを作成します。

3.AmazonLinuxをアップデートします。

4.Pythonをインストールします。

前回まで

今回の作業は、以下の続きです。

【仮想環境】MacにVirtualBoxをインストール【Mac】

【Vagrant】MacにAWS公式のAmazon Linux2 Vagrant 環境を作成【オンプレミス】

【Vagrant】MacにAWS公式のAmazon Linux2 Vagrant Boxを作成、起動【オンプレミス】

Vagrant】Macに用意したVagrantのAmazon Linux2 環境にVirtualBox Guest Additionsをインストール【オンプレミス】

※今回の記事は、既にAmazonLinux2のVagrant環境を作成済みであるとします。

環境

私のPC環境は以下の通りです。

PC MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)
CPU 1.6 GHz デュアルコアIntel Core i5
メモリ 16 GB 2133 MHz LPDDR3
OS 10.15.2
VirtualBox 6.1.12r139181
Vagrant 2.2.9

Vagrantのディレクトリ構成

  • ~/Work/
  • Vagrant/
  • AmazonLinux2/


AmazonLinux2仮想環境へログイン

①「ターミナル」を開いて下記のコマンドを入力します。

cd ~/Work/Vagrant/AmazonLinux2

②下記のコマンドを入力して仮想環境を起動します。

Vagrant up

③下記のコマンドを入力してログインします。

vagrant ssh

スワップファイル作成

Amazon Linuxの初期状態ではスワップファイルが無い状態ですので、スワップファイルを有効にします。

①4096MByteのスワップファイルを作成します。

sudo fallocate -l 4096m /swapfile

②スワップ(swap)領域を作成します。

sudo mkswap /swapfile

mkswap: /swapfile: パーミッション 0644 は安全な値ではありません。 0600 をお勧めします。
スワップ空間バージョン 1 を設定します。サイズ = 4 GiB (4294963200 バイト)
ラベルはありません, UUID=xxxxxx-xxxxxx-xxxxx

③作成したswap領域を有効化します。

sudo swapon /swapfile

④swapfileの権限を変更します。

sudo chmod 600 /swapfile

⑤ついでにタイムゾーンを日本標準時に設定します。

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

Pythonをインストールする

Amazon Linux 2 はデフォルトで Python がインストールされていますが、2系なので 3系のPythonを別途インストールします。

①以下のコマンドでインストールします。

sudo yum install python3

インストールが開始します。「y」を入力してインストールが開始します。

・・・・
インストール中:
 python3                x86_64     3.7.9-1.amzn2.0.2       amzn2-core      72 k
依存性関連でのインストールをします:
 python3-libs           x86_64     3.7.9-1.amzn2.0.2       amzn2-core     9.2 M
 python3-pip            noarch     9.0.3-1.amzn2.0.2       amzn2-core     1.9 M
 python3-setuptools     noarch     38.4.0-3.amzn2.0.6      amzn2-core     617 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+3 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 12 M
インストール容量: 50 M

②以下のコマンドでバージョンを確認します。

python3 -V
Python 3.7.9

Development Tools と python3のdevパッケージのインストール

uwsgiをインストールする際に必要なので「Development Tools」をインストールします。また、djangoなど必要なパッケージをpythonの環境にインストールします。

①以下のコマンドで、「Development Tools」をインストールします。

sudo yum groupinstall "Development Tools"

python3のdevパッケージのパッケージ名は、CentOSやUbuntuでは python 3.x-devのようになりますが、Amazon Linux 2ではpython3-develとなります。

②以下のコマンドで、python3のdevパッケージをインストールします。

sudo yum install python3-devel

次回

Python3 のパッケージ、nginx、Djangoをインストールします。

【Vagrant】Macに用意したAmazon Linux2 環境にuwsgi、Django、Django Restframeworkをインストール【オンプレミス】


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター、フロントエンドエンジニア 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 20

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告