ホーム >  WordPress >  【WordPress】サイトを作る目的と仕様の考え方【設計】


Posted:2014/06/17 6:00:39 PM|Category : WordPress

【WordPress】サイトを作る目的と仕様の考え方【設計】


 WordPress制作に取り掛かる前に、まずはWEBサイトを作る目的を考えます。そして仕様やワイヤーフレームを作りましょう。

目次

1.目的
2.仕様
3.ワイヤーフレームを作る

1.目的

 何のためのサイトを作るか考えます。目的から仕様を考えた方が圧倒的に簡単です。例えば、以下のようなものがりますので参考にしてください。

目的の例

・よくある一般的なブログ

・企業運営の商品や物件紹介のブログ

・アウトプットするためのサイト

・日記

・ギャラリーサイト

・個人の店を紹介するサイト

・ニュースサイトのような中規模サイト

・CMS化した小規模なコーポレートサイト

2.仕様

 目的から大体の仕様を考えます。思いつく限り紙などに書いてみましょう。

大体の仕様

・ヘッダーに○○な画像を貼りたい

・ヘッダーにナビゲーションが欲しい

・メールフォームを作りたい

・投稿画像のスライドショーが欲しい

・サイドバーにSNSのリンクを貼りたい

・サイドバーに最新記事と、人気記事、カテゴリーを表示したい

・広告スペースを確保したい

・設置したいウィジェットがある

・カスタムメニューを使って管理画面から管理したい

他サイトからヒントをもらう

 WordPressで作られたサイトまたはその他の優れたデザインのサイトが世に溢れています。是非とも参考にしてアイディアを膨らませてみましょう。

3.ワイヤーフレームを作る

 ワイヤーフレームとはWEBサイトの骨組みです。ワイヤーフレームを初めて作成する場合は、ヘッダー、本文、サイドバー、フッターなど紙に書いて簡単に説明を書く程度でいいです。

※本格的に作る場合は、ワイヤーフレームが適当だと後々大幅に修正を迫られることがあります。

wordpress078

ワイヤーフレームに慣れてきたら

 以下のような項目に気を付けてワイヤーフレームを作成しましょう。

・パーマリンク構造

・カテゴリーとタグ作成、または用途

・カスタム投稿タイプ

・マルチユーザーサイトにするかしないか

・今後追加する可能性のあるコンテンツ

ワイヤーフレームが完成したら

 ワイヤーフレームを元にWEBをデザインし、HTMLをマークアップします。WebサイトをTOPページと個別ページで最低2ページ作成すれば全体像が完成します。そのあとWordPressとしてPHPをコーディングします。


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告