ホーム >  Java >  CentOS7にjavaランタイムをインストール


Posted:2016/11/21 9:00:51 AM|Category : Java

CentOS7にjavaランタイムをインストール

CentOS7にjavaランタイムをインストールします。

0927080006

今回の目的

RhinoをVagrant(仮想環境)のCentOS7にインストールします。この場合、Oracleのjavaランタイムがインストール済みである必要があります。

準備

今回はvagrantのゲストOS対象です。vagrant環境作成手順は以下を参考にして下さい。

①vagrantインストール済みです。

Vagrantをインストールしてテスト環境を作る for Ubuntu

②NVMとNode.jsもインストール済みです。

NVMを使用してNode.jsをインストールする

※もしvagrant1.8.5でエラーが発生する場合はアップグレードしましょう。

Vagrant 1.8.6にアップグレードしてvagrant sshのバグを解決

私の環境

ホストOS Ubuntu 14.04.4 LTS 64bit
ゲストOS CentOS7 64bit
CPU Core i5 2520M 2.50GHz
vagrant 1.8.6

インストール手順

①以下の手順でコマンドを入力し、vagrantの仮想環境にログインします。

cd vagrant
vagrant up
vagrant ssh

②以下のコマンドでjavaのパッケージを検索します。

yum search openjdk

インストールできる OpenJDK のパッケージが表示されます。今回は、「java-1.8.0-openjdk.x86_64」をインストールします。

読み込んだプラグイン:fastestmirror
Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
============================= N/S matched: openjdk =============================
java-1.6.0-openjdk.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment
java-1.6.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK Demos
java-1.6.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK Development Environment
java-1.6.0-openjdk-javadoc.x86_64 : OpenJDK API Documentation
java-1.6.0-openjdk-src.x86_64 : OpenJDK Source Bundle
java-1.7.0-openjdk.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment
java-1.7.0-openjdk-accessibility.x86_64 : OpenJDK accessibility connector
java-1.7.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK Demos
java-1.7.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK Development Environment
java-1.7.0-openjdk-headless.x86_64 : The OpenJDK runtime environment without
                                   : audio and video support
java-1.7.0-openjdk-javadoc.noarch : OpenJDK API Documentation
java-1.7.0-openjdk-src.x86_64 : OpenJDK Source Bundle
java-1.8.0-openjdk.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment
java-1.8.0-openjdk-accessibility.x86_64 : OpenJDK accessibility connector
java-1.8.0-openjdk-accessibility-debug.x86_64 : OpenJDK accessibility connector
                                              : for packages with debug on
java-1.8.0-openjdk-debug.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment with full debug on
java-1.8.0-openjdk-demo.x86_64 : OpenJDK Demos
java-1.8.0-openjdk-demo-debug.x86_64 : OpenJDK Demos with full debug on
java-1.8.0-openjdk-devel.x86_64 : OpenJDK Development Environment
java-1.8.0-openjdk-devel-debug.x86_64 : OpenJDK Development Environment with
                                      : full debug on
java-1.8.0-openjdk-headless.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment
java-1.8.0-openjdk-headless-debug.x86_64 : OpenJDK Runtime Environment with full
                                         : debug on
java-1.8.0-openjdk-javadoc.noarch : OpenJDK API Documentation
java-1.8.0-openjdk-javadoc-debug.noarch : OpenJDK API Documentation for packages
                                        : with debug on
java-1.8.0-openjdk-src.x86_64 : OpenJDK Source Bundle
java-1.8.0-openjdk-src-debug.x86_64 : OpenJDK Source Bundle for packages with
                                    : debug on
icedtea-web.x86_64 : Additional Java components for OpenJDK - Java browser
                   : plug-in and Web Start implementation

  Name and summary matches only, use "search all" for everything.

③今回はJava8をyumインストールするので、名前がjava-1.8.xで始まっているパッケージが対象です。Rhinoはランタイム (JRE)だけでいいので、「java-1.8.0-openjdk」をインストールします。

※Java の開発環境もインストールしたければ java-1.8.0-openjdk-devel をインストールします。

root権限が必要ですので、root権限にログインします。パスワードは、特に変更がないデフォルトの場合「vagrant」です。

su -

以下のコマンドでインストールします。

yum install java-1.8.0-openjdk

④以下のコマンドでjavaランタイムのバージョンを確認します。

java -version

以下のように結果が表示されます。

openjdk version "1.8.0_111"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_111-b15)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.111-b15, mixed mode)

トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 2008年04月 金融機関系I

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告