ホーム >  データベース > MariaDB >  Windows7にMariaDBをインストール

投稿日:

Windows7にMariaDBをインストール

MariaDBデータベース

Windows7にMariaDBをインストールします。

WindowsにもMariaDBがインストールできる?

結論から言うと、インストール・使用が可能です。

MariaDBとMySQLは互換性があるため、MySQLとして扱えます。

WindowsにMariaDBをインストールする目的

PythonからMySQL(MariaDB)に接続してみたいと思います。また、PyCharmのDjangoから接続できるか確認します。

作業の流れ

  • 1. MariaDBをダウンロード
  • 2. インストールを実行
  • 3. MySQLClientから実行確認

必要なもの

必要なものはWindowsあるいはMacPCのみです。

環境

PC 32bit版のMicrosoft Windows 7(SP1) ※64bit版のWindows8、10でもOK。

ダウンロード

①下記からインストーラーをダウンロードします。

MariaDB

②「Download MariaDB Server」をクリックします。

③バージョン「MariaDB 10.1 Series」をクリックします。

④私の環境は「Windows7 32bit」ですので「mariadb-10.1.44-win32.msi」を選択してダウンロードします。

以下のようなページに切り替わりますが、「mariadb-10.1.44-win32.msi」のダウンロードは進行します。


インストール

①「mariadb-10.1.44-win32.msi」を起動すると、以下のようなページが表示されます。同意して「Next」をクリックします。

②そのまま「Next」をクリックします。

③任意のパスワードを入力して「Next」をクリックします。(※このとき入力したパスワードは忘れないでください。)

④そのまま「Next」をクリックします。

⑤そのまま「Next」をクリックします。「Install」を開始します。

⑥インストールが完了しました。

デスクトップに以下のようなアイコンが表示されます。


MariaDBの確認

インストール時に、デスクトップにHeidiSQLのアイコンが追加されますが、HeidiSQLを使わずに、コマンドプロンプトでMariaDBが操作できるかを確認します。

①スタートメニューに「MariaDB 10.1」が追加されています。その中の「MySQL Client (MariaDB 10.1 )」をクリックします。

②コマンドプロンプトが立ち上がりますので、設定したパスワードを入力してください。


③ログインしたら、以下のコマンドを入力します。

show databases;

データベース一覧が表示されます。

次回

PythonからMariaDBにコネクトします。

【Pycharm】PythonからMariaDBにコネクトする【mysql-connector-python】


トラックバック用のURL
プロフィール

名前:イワサキ ユウタ 職業:システムエンジニア、ウェブマスター、フロントエンドエンジニア 誕生:1986年生まれ 出身:静岡県 特技:ウッドベース 略歴 20

最近の投稿
人気記事
カテゴリー
広告